資料請求でプレゼントあり|お得な学資保険一覧を一括で比較

しかし、資料請求をしようと思ってもどうしていいのかわからなかったり、学資保険を取り扱う保険会社が多くて、どこに請求したらいいのか悩んでいる人や、資料請求したいけれど、請求先の保険会社から勧誘がしつこかったら…と、ちょっとためらってしまっている人もいると思います。

結婚し、次のライフステージへと考えている人や子どもが生まれて先のマネープランを考えている人の中には学資保険をどうしよう…と考えている人も多いと思います。

でも、学資保険選びで1番最初にすべき事は「資料請求」なのです。

保険会社によっては学資保険の資料請求をするとプレゼントがもらえるものもあります。

ここではプレゼント付きの資料請求ができる学資保険や保険会社選びに迷っている人向けの一括資料請求サイト、しつこい勧誘・営業を断る方法、お金のプロ“FP”の相談はどうなのかについても書いていきますので、是非参考にしてみて下さい。

プレゼント付き資料請求の学資保険一覧

キャラクターグッズをはじめ、抽選でもらえる豪華賞品まで、資料請求するだけでお得がいっぱいなので、この機会に資料請求するのもいいでしょう。

ただし、プレゼントをもらえるのには各保険会社によって条件などもあるので注意してください。

ソニー生命生命の学資保険

プレゼント条件無料相談申し込み
期間2020年5月31日まで
対象人数抽選で200名
プレゼント内容・3名様:ソニーデジタルビデオカメラ
・3名様:ダイソン掃除機
・4名様:ダイソン空気清浄機
・5名様:BRUNOホットプレート
・15名様:BRAUNハンドブレンダー
・170名様:しまじろうランチクロス

ソニー生命の学資保険の内容は、学資金を受け取るタイミング、保険期間、保険の支払方法などを家庭の計画に合わせてライフプランナーと相談してプラン設計することができます。ソニー生命のプレゼントはビデオカメラや掃除機などが抽選でもらえます。

上記のプレゼント条件に加え、いくつか注意点があります。

  • 抽選の対象となるのは、期間中に新規ホームページ経由またはフリーダイヤル経由でライフプランナーに学資金準備に関する相談の申し込みをした人。
  • すでにソニー生命の担当(ライフプランナー、代理店)がいる人や既契約の人は申し込み不可
  • 同時期に行うほかのキャンペーンとの重複応募不可。
  • 応募は1世帯1回限り
  • 商品は選べない

ホームページやフリーダイヤルからの申し込みで、完全に新規で資料を請求した人しかプレゼントの対象とならないので、すでにソニー生命ですでに契約している人はご注意ください。

また、プレゼントに応募しようと思っていて、ソニー生命の学資保険以外の保険も検討しようと思っている人は最初に学資保険を申し込むことをおすすめします。

\無料相談でプレゼント抽選!/

フコク生命

プレゼント条件「みらいのつばさ」資料請求
期間2020年5月31日まで
対象人数先着1,000名
プレゼント内容ハローキティのスプーンとフォーク

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の内容は、入園前や入学前などの節目に祝金がもらえるがS型と、大学入学前に祝金がもらえる貯蓄性が高いJ型があり、目的によって選ぶことができます。フコク生命のプレゼントはキティちゃんグッズがもらえます。

こちらのプレゼントは1世帯1点となります。

他の注意点はなく先着1,000名様にはなりますが、資料請求だけもらえるのは嬉しいですね。

\先着1000名様にプレゼント!/

JAこども共済

プレゼント条件資料請求
期間2021年3月26日まで
対象人数先着60,000名
プレゼント内容JA共済オリジナルアンパンマンお食事エプロン

JAの学資保険の内容は、中学プラン・高校プラン・大学プランがあり、学資金支払い開始年齢、共済掛金払込終了年齢が共に11歳から18歳となっており、プランに合わせて選ぶことができます。JAのプレゼントはアンパンマンのお食事エプロンがもらえます。

こちらの注意点は

  • プレゼントの対象はJAこども共済のサイトからの資料請求の場合
  • プレゼントのエプロンは1家族につき1枚

プレゼントは請求資料の中に同封されて送られてきます。

他のものと比べて期間が長いのと先着人数が多いのですが、プレゼントがいつなくなるかわからないので欲しい方は早めに資料請求されることをおすすめします。

\先着60,000名様にプレゼント!/

ニッセイ

プレゼント条件相談申し込み
期間2020年7月22日まで
対象人数全員/その中から抽選で60名
プレゼント内容全員:ニッセイオリジナルポケモン立てられるふせん
20名様:Kenkoホームプラネタリウム
20名様:cadoポータブル空気清浄機
20名様:パナソニック靴脱臭機

ニッセイの学資保険の内容は、保険の払込期間、保険の払込回数、祝金の有無などで返戻率が変わります。どれぐらいの教育資金で学資保険を準備したいかを考え、保険のプランを立てていきます。ニッセイからはポケモンのふせんのプレゼントの他、ホームプラネタリウムなど抽選でもらえます。

「ポケモンのふせん」は資料請求をすれば全員がプレゼントをもらえるのですが、こちらも少々注意点があります。

  • 「ニッセイ学資保険」または「ニッセイこどもの保険げ・ん・き」の相談申し込みをした人
  • 応募は応募チラシ、スマートフォンのQRコード、日本生命ホームページから応募可
  • 応募は1回人1回1つ限り
  • 全員プレゼントは相談時に職員から直接渡される
  • 資料請求した人の中から抽選で60名に人気グッズプレゼント(当選後好きな商品を選べる)

資料請求で全員にプレゼントがもらえるのは嬉しいのですが、相談時に職員から渡されるとのこと。

どの学資保険にしようか迷っている段階で直接会って…ということに抵抗を感じるのであれば、ある程度保険会社を絞ってからの資料請求でもいいと思います。

\抽選で60名様にプレゼント!/

学資保険の資料請求が一括でできるおすすめサイト

資料請求を個別でするのも少し面倒なので一括で資料請求したい、色々なところの学資保険を比較したいと思っている人におすすめのサイトを紹介したいと思います。

  • 保険市場
  • ほけんの窓口インズウェブ
  • 価格ドットコム

一括サイトは同じように見えますが、請求できる資料が違ったりします。
資料の請求方法や3社が取り扱う学資保険の種類を見ていきましょう。

ちなみに、返戻率が高くて人気のソニー生命は公式サイトからのみとなっておりますのでご注意ください。

保険市場

対象保険会社
  • 明治安田生命
  • フコク生命
  • アフラック
  • 住友生命
  • 三井住友海上あいおい生命

保険市場では上記の5社7商品の学資保険を取り扱っています。

この中に気になる学資保険がある人や複数の学資保険を見て検討したいと思っている人にはいいかと思います。

保険市場のホームページでは取り扱う学資保険のランキング(人気・返戻率)を見ることができます。

こちらから学資保険をチェックして気になるところの資料を請求することができますが、人気があっても自分に合っているかわからないですよね。

自分に合う条件で比較しながら探す場合には上部にある「学資保険を保険料で比較」というところから、年齢・性別・子どもの年齢を入力し進んでみましょう。

画面が変わると、入力したことから出された各学資保険の詳細(月払い保険料・払い込み総額・返戻率など)が出てきます。

右側にチェックボックスがあるので、資料が欲しいものにチェックを入れる。

画面を上から順に見ていくと、下のほうに詳細を載せていない他の学資保険の記載があります。

これらの資料も気になるなら「資料をもらう」をクリックする。

もらいたい資料が決まり、「今すぐまとめて資料をもらう(資料をもらう)」と書かれたところをクリックすると次の画面に進みます。

資料請求する保険の一覧になるので、左のチェックボックスをいらないものがあればチェックを外します。
さらに下のほうに進むと以下の画面が出てきます。

必要事項を入力してください。
ここで、気を付けてほしいのが必要事項の下に学資保険でない資料のことが出てきます。

こちらは最初からチェックが入っているので不要な方はチェックを外すようにしてください。

以上で一括資料請求完了です。

おすすめの一括資料請求サイトの中でも保険市場は請求できる資料の数が多いのが魅力です。

学資保険についてあまり分かっていない場合は複数のものをを比較できるので保険市場で一括請求してみるのもいいでしょう。

ほけんの窓口インズウェブ

対象保険会社
  • マニュライフ生命
  • オリックス生命
  • メットライフ生命

ほけんの窓口インズウェブでは対象商品の比較などはなく、一括で請求となります。

上記対象商品の中でいらないものがあればコチラというところをクリックします。

クリックするといらないところは外せます。
あとは資料届先などに必要事項を入力して資料請求完了です。

ほけんの窓口インズウェブは他の保険会社と違って、お金に注目した外貨商品を取り扱っています。

ホームページでもお金を貯めることを前提でうたっており、請求できるのは現在上記の通りです。

学資保険以外の選択肢で考えている人におすすめです。

価格.com

対象保険会社
  • フコク生命
  • 東京海上日動あんしん生命
  • アフラック

価格.comといえば、色々な物の値段の比較するときに利用するイメージですが、なんと学資保険も取り扱っていて比較することができるのです。

ただし、取り扱っている学資保険のランキングなので情報が欲しいところがないかもしれません。

価格.comでの資料請求の方法は資料請求したい商品の左側にあるチェックボックスにチェックを入れて「チェックした資料を請求する」ボタンを押すだけ。

あとは、送付先等の必要事項を入れるページに移るので記入すると資料請求できます。

資料請求の前に詳しい保険料を試算することもできます。

試算する場合は親の年齢、子供の年齢などを記入して「保険料を試算・比較する」のボタンを押します。

するとプラン別の詳細が出てくるので、資料請求したいものの右側にあるチェックボックスにチェックをして、画面上部にある「まとめて資料請求」のボタンを押します。

他社のサイトと同じように必要情報を記入して比較・見積もりができたり、保険についての色々な情報がまとめてあるのも嬉しいポイントです。

学資保険について全くわからない人はサイト内を見てから資料請求するといいと思います。

一括請求の魅力は何といっても欲しい資料が一度に申し込めるところです。

サイトによっては学資保険の比較も簡単にできるので自分に合うプランも探すことができます。

気になるところが複数ある場合は一括請求がおすすめです。

学資保険の資料請求の注意点

プレゼント付きの学資保険の資料請求やおすすめの一括請求サイトを紹介してきましたが、学資保険の資料を請求するにあたり、いくつかの注意点があります。

  • プレゼント付き資料請求の条件に注意
  • 一括請求をしてしまうと、プレゼントがもらえない場合もある
  • 資料請求後、保険会社から営業がくる

プレゼント付き資料請求の条件に注意

最初にプレゼント付き資料請求の学資保険を紹介したところにも記載してありますが、各保険会社において条件が異なります。

資料請求しただけで先着プレゼントのところもありますが、ほとんどはフリーダイヤル、ホームページからといった条件となります。

条件の詳細を書いている文字は小さいことが多く見落としがちですが、プレゼント付き資料請求の際は条件を確認しておきましょう。

一括請求してしまうと、プレゼントがもらえない場合もある

上にも記載した通りプレゼントをもらうのには条件があるので、一括請求で申し込んでしまうと過去に資料を請求したことになったり、条件に合わないとなり、プレゼントがもらえない場合があります。

一括請求する場合、資料請求で欲しいプレゼントがある場合はその学資保険のチェックボックスのチェックを外して請求するようにして、別で申し込むようにしましょう。

資料請求後、保険会社から営業がくる

個別でも一括でも資料請求をすると、請求した学資保険の会社から営業の電話がある場合があります。

より詳しく話を聞きたい場合はをそのタイミングで聞けばいいのですが、中にはそこから訪問での説明に持ってくる場合や他の商品の勧誘をしてきたり、何度もしつこく連絡してくる場合もあります。

プレゼント付き資料請求の中には訪問時にプレゼントを渡すといったものもあるので、その時には学資保険の説明だけでなく、勧誘ももれなくついてくるでしょう。

向こうも仕事上、保険加入の可能性があれば顧客getの為あの手この手で営業してくるので、入るつもりがないのならハッキリ断るようにした方がいいです。

ハッキリ断りたいけど、どう言っていいか分からない場合は以下を参考にしてください。

  • 検討しましたが、今回は加入を見合わせます。
  • 他の学資保険に決めました。
  • 親戚(友人)に生命保険の仕事についている人がいて、その人に相談します。

ポイントはキッパリ言うこと。

「検討中」とか「他の商品と比較したい」と伝えてしまうと、場合によっては時間をあけて営業の電話来ることがあるので気をつけてください。

また、他の商品を勧めてくる場合も「結構です」とハッキリと断りましょう。その時も「今はまだ…」と言ってしまうと、また営業の電話があるかもしれないので気をつけてください。

FPへの相談の方が良い?

FP(ファイナンシャルプランナー)という言葉を耳にしたことはあると思います。イメージとしては、お金や家計の専門家といった感じでしょう。

実はFPは家計にも関係している保険関係も詳しく、学資保険の相談も乗ってもらうこともできます。

例えば、学資保険に対しての疑問や難しい専門用語の説明、家計にとって適切な保険のプランなどの相談に乗ってもらえます。

しかし、FPへの相談は有料(1時間5,000円など)であることが多いです。

この機会に信頼できるFPを見つけて将来的な家計を丸ごとお任せするなら、有料相談でもいいのですが、お金をかけたくない人にはおすすめしません。

どうしても不安な方はソニー生命だと「相談」の申し込みなので、金融関係の知識が豊富なライフプランナーが説明してくれるし、公式サイトでは強引な勧誘もないと公言しているので、安心して利用できます。

ちなみにこちらの相談は無料です。「学資保険についてよくわからない」という人や「資料だけ見ても…。」という人は相談してみるのもありだと思います。

まとめ

学資保険選びの最初の一歩となる資料請求についてや相談についてを紹介しました。

学資保険の資料請求だけでお得なプレゼントがもらえるところがあったり、一括資料請求で楽に比較できることもわかりました。

また、それぞれ注意するところもありますが、上手く活用すると保険選びがより便利に分かりやすくできると思います。

文字ではなかなか伝わりにくい場合でもソニー生命ならライフプランナーに無料で相談することができるので活用してみてください。

今、学資保険選びでを始めようとしている人は是非参考にしてもらえればと思います。